オーバーオールの着こなし術

ナイジェル氏のインスタや雑誌などの写真をご覧になって「こんな風に着こなしたい」と思われる方もきっと多いことでしょう。かく言う私もその1人でした。

しかし、これまでオーバーオールを着たことがない方にとっては、
"サイズ感がわからない"
"ジャストサイズって?"
"どんなシャツやアウターと合わせたらいいの?"
"肩が凝りそう"
"お手洗いの時に困りそう"
などなどの理由で一歩引いてしまうアイテムかもしれません。その気持ちよくわかります。

まずサイズについて、簡単に言うとインチ表記のジーンズなどで29インチ以下の方は44、30〜32インチの方は46、33〜34インチの方は48、35〜36インチの方は50、37〜38インチの方は52がほぼジャストになります。エプロンの部分もあるので腹囲だけでは確実ではありませんが、44がS、46がM、48がL、50がXL、52がXXL相当になるとお考えください。

ナイジェル氏が提案するオーバーオールはゆったりと気軽に過ごしていただきたいという思いから、他社様のサイズよりも少しゆとりのあるつくりとなっています。また、ポケットなどの配置やエプロン部分のデザインが特徴的なため、見た目も大きめに感じられるはずです。
では、実際にナイジェル氏が着用しているサイズはどうなのか?シャツ、Tシャツやスウェットあるいはアウターのサイズによって、ジャスト〜2サイズアップなどに変えています。どのアイテムとどう合わせるかでトータルバランスも変化することからさり気なく変えているのです。Sサイズでもアイテムによっては着られる体型なのですが、ヴィンテージは正に一点ものなのでタイトでもルーズでも、これと思えば全体のバランスを上手に組み合わせて着こなしているのです。
例えば、Tシャツとスウェットを用いるとしましょう。Tシャツ、スウェットの上にオーバーオールを着用するとジャストサイズではお腹周りがごわつく感じがする。Tシャツの上にオーバーオールでその上にスウェットを着用すると今度はジャストサイズじゃないとこれまたお腹周りがごわついてしまいます。これが他社様よりもゆとりがあるつくりにしている所以であり、許容範囲を持たせているところに着まわしの面白さを感じてもらえるようにデザインされているのです。
こうしたことから、他のアイテムとの合わせ方は無限大にある、それを是非楽しんでくださいというのがナイジェル氏の発想なのです。これが正解という合わせ方がないところをご自身なりに探し出してみる楽しみを感じていただきたいのです。是非、クローゼットにあるアイテムと色々試してみてください。
次に肩凝りについて、確かに凝りやすいのですが、肩や首への負荷を軽減するために行っていただきたい着用の目安があります。本革製の付属品があるネイバルダンガリーは、その部分が首を上下に動かしたときに指で触ってまったく動かない、つまり頚椎の下になるように調整してください。デッキウェイダーはクロスしている部分が肩甲骨の動きを邪魔しないように調整してください。これで肩や首への負荷が抑えられます。
最後にお手洗いについて、これは如何ともしがたいとしか言えません。我慢するのは健康上にも良くないので、サイズ感と同様にゆとりを持って行動していただければと思います。

by Riku Henmi
2019.05.13. (Mon) 19:38 | ・NIGEL CABOURN | page top↑

<NIGEL CABOURN>19SSコレクションのテーマ: デッキクルーの作業と色

朝夕は寒さを感じますが、日中は気温も高い日が多くなり春らしくなってきました。
Spring/Summer2019コレクションも続々と入荷してまいりますので、HPでも紹介いたしますが、お近くの方は是非ご来店ください。
 
さて、今期は60年代と70年代、第二次世界大戦時のイギリス海軍とアメリカ海軍の空母のデッキクルーからインスピレーションを受けています。
少し脱線しますが、海軍ウェアといえばUS.NAVYを連想される方も多いかと思いますが、実はイギリス海軍は17世紀に組織され、その歴史は長く、海軍の制服はもちろん慣習や文化など各国の海軍に及ぼした影響はとても大きいのです。つまり、海軍の制服といえばイギリス海軍が1つのスタンダードで、もう1つのスタンダードがアメリカ海軍といえます。
デッキクルーの役割や作業は着実に航空機を空へと導き、安全に収容することになります。これを実現するため、複数の小さな部隊が存在し、それぞれの役割ごとに着用しているシャツの色が決められています。第二次世界大戦時よりも現在はさらに細分化されているようです。

deckcrew.jpg

Deck Greenは最も危険な任務の1つで、フックランナーが主に着用していた色です。フックランナーは空母に航空機が戻った際に着艦制動装置のフックを航空機に取り付ける役割でした。この色を着用していたクルーは他にもおり、射出・着艦を担当していました。

Bleached Redは危険物を扱うクルーが着用していた色です。兵器や爆発物の組み立てや移動、航空機の翼に兵器を取り付けるなどの任務を担当していました。

Purpleはその色から通称”Grapes”と呼ばれていて、航空燃料の給油を担当していました。航空機の燃料の積み下ろしをタイトなスケジュールの中で行っており、過酷な環境の中で翼に燃料を補充するプロフェッショナルでした。

Yellowは航空機整備士、航空機誘導士官、カタパルト・オフィサー(射出士官)、アレスティング・ギア・オフィサー(着艦士官)などがこの色を着用していました。

Natural/Whiteは主にランディング・シグナル・オフィサー通称”LSO”と呼ばれる着艦信号士官が着用していました。航空機が空母に着艦するための指示や飛行甲板が安全であることを確認する任務を担当していました。
実はシャツだけではなくヘルメットも部隊によって異なり、シャツと同色の部隊もあればシャツとヘルメットは別の色という部隊もあります。アメリカ海軍ではベストを着用することもあるようです。

今年の春夏は鮮やかな色使いを皆様も楽しんでみてはいかがですか?

Written by Riku Henmi
2019.03.08. (Fri) 11:46 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

<NIGEL CABOURN> 「ナイジェルおじさんの必須アイテム」ネイバルダンガリーが再入荷!

最近ナイジェルケーボンを初めて知って来店して下さる20代〜30代のお客様が増えています。
ナイジェル氏のインスタグラムなどSNS上に投稿される写真を見て、「なんだこのオッサン、カッコイイ!」と一目でファンになってしまう方が多く見受けられます(お客様談)。年を重ねながら孫〜息子世代の人々を魅了できるなんて大人として憧れますよね!展示会などで直接会って思ったことですが、氏の格好良さは一昔前に流行ったチョイ〇〇オヤジの様に造られた感がなく、あくまでも自然体。自分のスタイルを貫きつつ、他の時代、文化や価値観にも寛容な考え方に触れると、年を重ねるほど柔軟に生きなきゃならんなと思い知らされます。

そんな「ナイジェルおじさん」が常時着ているオーバーオール、ネイバルダンガリー。
シーズン毎に違う生地・カラーでゲットされるコレクターもいらっしゃいます。
入荷直後に完売してしまう事が多く、せっかく見にきて頂いてもお見せすることができなくて心苦しく思う半面、あまり大量に出回ってほしくない気持ちもあるんですよね・・・。

201807131843584bf.jpeg

2017年春夏コレクションのナムグリーンとウォッシュドブルー完売までのスピードは今までに増して早かったです。
そんなネイバルダンガリーがほんの少数ですが、店頭に再入荷いたしました!
買い逃して悔しい思いをされた方も、カラーで悩んで決めたは良いもののもう一色も買えばよかったという方にも朗報です。

(詳細、ご購入は以下のリンクをクリック)
<ナイジェルケーボン> ネイバルダンガリー ¥36,000 + Tax
カラー: ナムグリーン/ウォッシュドブルー


お試しになられたい方はぜひこの期にご来店下さいね(^^)
ご来店不可能な方はサイズなどご相談にも応じますので、お電話やメールでお問い合わせ下さい。

Tel: 076ー421ー3875 (10am-7.30pm、水曜定休)
Mail: info@takimoto-online.jp
Instagram DM: @takimototoyama
お気軽にどうぞ!
2018.07.13. (Fri) 19:00 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑