Nigel Cabourn LIMITED EDITION 2

ブログをご覧の皆さんこんばんは。
気づけば今年も残り一カ月、慌ただしく一年が終わりそうです。
ブログの更新が滞ってしまっていたのは反省すべき点なので、
残りのひと月はできる限り注力していきます。


logo_nigel_cabourn_12aw.jpg

それでは今回はナイジェルケーボンのリミテッドエディションラインからお勧めのご紹介です。
スコット南極探検隊が南極点にたどりついてから100周年を迎えることから企画された
コレクションですが、
当時ものを基に作られたアイテムは今の洋服にはない独特な魅了に溢れたものばかりです。




nigel_cabourn_deck_jacket_olive_04_20121119005927.jpgnigel_cabourn_deck_jacket_06.jpg
HENRY R.BOWER:DECK JACKET
ヘンリー・ボワーズ:デッキジャケット
102,375円(税込)
ベースにフォックスブラザーズ社のウール素材が使用されています。
一枚仕立てのジャケットですが、滑らかなウール地で肌当たりが良く、
メルトンコートのように断熱、防水効果もあるので冬も暖かく着ていただけます。

nigel_cabourn_deck_jacket_olive_01.jpg
通常のデッキジャケットは丸襟型のタイプが多いですが、
それとは違った独特な形状の襟が特徴的です。
鋭角的なシルエットは折り返せばジャケット調に、
立ててブルゾン感覚にも着こなせます。

nigel_cabourn_deck_jacket_olive_10.jpg
ショルダー、ポケット、背面には撥水性のあるワックスコーティングを施したコットン地が当てられています。
非常に珍しい蜜蝋を使用したコーティングで他にはない独特な風合いがお勧めのポイント。
オイルドのようなベタつき感も無く、着込むほどに表情の変化を楽しんでいただけます。




nigel_cabourn_seaman_coat_06.jpg
FRANK DEBENHAM:SEAMAN COAT
フランク・ディベンハム:シーマンコート
103,425円(税込)
HENRY R.BOWER:DECK JACKETと同様にフォックスブラザーズ社のウール地を使用しています。
船乗りたちが着用していたダッフルコートが元となっており、
フードではなくセーラー襟のような丸型の襟が歴史的背景を感じさせます。

nigel_cabourn_seaman_coat_03.jpg
ポケット、襟裏には蜜蝋コーティングのコットン地が当てられています。
当時の探検隊が着用していたジャケットの多くには、
機能性を考慮しオイルクロスのパッチポケットを取り付けカスタムされていましたが、
こちらのコートもそれを元にデザインされています。

nigel_cabourn_seaman_coat_style_01.jpg
ジュート紐や木製トグルといった正統派ディテールが盛り込まれつつも、
一般的なダッフルコートとは全く異なったデザインにまとまっています。
極めて原型に近いものでありながら古臭さはなく、
細身のパンツで合わせて現代的に着こなしても違和感なくコーディネートできます。




nigel_cabourn_expedition_boot_04.jpg
APSLEY CHERRY GARRARD:EXPEDITION BOOT
アプスレイ・チェリー・ガーランド:エクスペディションブーツ
150,150円(税込)
1931年創業のカナダのブーツメーカー ヴァイバーグ とのコラボレーションブーツ。
チェリーガーランド隊員が実際に履いていたブーツを忠実に再現したデザインです。
熟練の職人がハンドメイドで作り出す最高品質のブーツは末永くお付き合いいただけ、
ナイジェル自身もその品質に魅了され愛用しています。

nigel_cabourn_expedition_boot_03.jpg
ホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用。
独自のオイルを通常の何倍もの時間をかけ皮革に浸透させ、
厚みがありながらも履くと足に馴染む快適な履き心地です。
茶芯のあるレザーなので履きこむほどに色合いの変化も楽しんでいただけます。

nigel_cabourn_expedition_boot_02.jpg
グッドイヤー社の軽量コンバットソールを採用し、
足場の悪いこれからの時期にも無理なく履いていただけます。




nigel_cabourn_sleeping_bag_jacket_03.jpg
THOMAS CREAN:SLEEPING BAG JACKET
トーマス・クリーン:スリーピングバッグジャケット
477,750円(税込)
当時の探検隊が毛皮のスリーピングバッグを制作している写真からインスピレーションを得て
デザインされたシープスキンコートです。
レザーテープの補強は製品一点一点ランダムに入れられています。
革の自然な風合いを生かしたノンコーティング仕上げで、
すでに何年も着こんだかのようなビンテージ感が特徴です。

nigel_cabourn_sleeping_bag_jacket_04.jpg
スコットランドのエアロレザー社で一つ一つハンドメイドで制作。
裏側は大変密度の高い毛皮で覆われており革の質の良さが感じ取れます。


nigel_cabourn_sleeping_bag_jacket_style_02.jpg
名前のとおり寝袋に包まれているかのようなソフトな暖かさでインナーはTシャツ一枚でも十分なほど。
見た目の重量感とは違ってとても軽くて柔らかな着心地です。
オフホワイトのカラーが見た目にも軽やかですが、
あえて自然なキズやシワを残してあるのが良い塩梅に。
デリケートに扱うというよりも着込んでより味を出していただきたい逸品です。




このほかにも数型入荷していますがどれも限定生産なため数には限りがあります。
他ではなかなかお目にかかれないアイテムですので興味のある方はお早めに見にいらしてください。
皆様のご来店心よりお待ちしています。

関連記事

2012.11.23. (Fri) 20:44 | ・NIGEL CABOURN | comments (1) | page top↑
Prev | Top | Next

Comments

# 山村正の一言発言
私も好きです!
by: 山村正さん | 2012/12/01 03:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する