スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--. (--) --:-- | スポンサー広告 | page top↑

<UNDER CANVAS> 倉敷の老舗タケヤリ社の逸品 じっくり育てたい、帆布トートバッグ

創業128年、帆布の老舗タケヤリ社から、極厚2号帆布のトートバッグが入荷しています。

olivetote2.jpg

タケヤリ社の所在地は岡山県倉敷市。
江戸から明治時代にかけて綿花の栽培が栄え、繊維業・紡績業が発達し、現在、帆布生産において全国70%のシェアを誇っています。

navytote.jpg

帆布の厚さは号数で決まり、少なくなればなるほど厚くなっています。
8本の綿糸を撚り合わせた糸で織り上げられた2号は帆布の中でも一番厚く(1.62mm)、織る技術を持っているのはタケヤリの工場ならでは。
世界中でも現存台数の少ない、ベルギーのシャットル織り機でゆっくりと、時間をかけて織り上げられています。
この厚みの帆布を織るのは技術的に難しく、1時間で織ることのできる長さはわずか30mです。

whitetote.jpg

主に工業用途(ベルトコンベアーやエスカレーターの手すり基布)として運用される2号帆布。
その堅牢性はUNDER CANVAS(アンダーキャンバス)のトートバッグに活かされています。
生地は芯まで染めない中白染めにこだわり、使っていく毎に、デニムのようなアタリを楽しめるようになっています。

blacktote.jpg

持ち手など革部分には栃木レザーを使用。
原皮から45日、80以上の工程を経てなめされ、丁寧に成形されています。
植物タンニンでのピット加工(濃度の違うタンニンの層に順に浸けていく方法)では、他の加工法より手間も時間も倍以上かかりますが、原皮の繊維を傷めないので、驚くほどなめらかかつ、しなやかな革に仕上がるのです。

縫製には動力の高いミシンを使用。
この生地の厚みだと、通常は不可能と言われる三角マチもしっかりできています。

triangle.jpg

国内の職人達が手間も時間も惜しまず、細部まで丁寧に作った自信作。

じっくりと時間をかけて育てたくなる逸品です。

店頭で見て、触れていただければ、それはきっと伝わるはずです。

carry3.jpg
内部は落ちつきのある金茶色。両サイドにポケット有。A4サイズの書類も楽に入ります。

carry2.jpg
外側に隠しポケット有。バッグの口が締まっていても、スマートフォンや定期などがすぐ出せます。

carry1.jpg
着用モデル 身長161cm

タケヤリ アンダーキャンバス 帆布トートバッグ  ¥26,000 +Tax

サイズ: 高さ 28cm × 口幅 42cm(底幅 32cm) × マチ 12cm
カラー: カーキ/ネイビー/オフホワイト/ブラック

関連記事

2016.07.30. (Sat) 21:06 | 未分類 | comments (0) | page top↑
Prev | Top | Next

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。