スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--. (--) --:-- | スポンサー広告 | page top↑

A Story about the Peacoat ピーコートの話

20171215185153070.jpeg

12月の英国は骨の髄まで凍るような寒さだ。
まだ暗い窓辺でブラックバードが陽気に囀る。
「片側だけ焼いたトースト」と卵で空腹を満たし
一杯のミルクティーで体を温め、仕事に向かう。
一般的な英国家庭でのささやかな朝の儀式だ。
玄関先で真鍮のコートハンガーに手を伸ばす。
ウールのピーコートは10年来のお気に入りだ。
大好きな祖父がいつも着ていたものだからだ。

テムズ川のほとりの職場まではバスで30分程。
所属してから10年間通勤ルートは変わらない。
昼食後はひとり外に出て散歩するのが好きだ。
バタシー橋の上で目を瞑り、水音に耳をすます。
するとまるで海上を旅するような気分になる。
海軍にいた祖父は色々な話を聞かせてくれた。
デッキを洗濯板にしていた事、無限の星空の事、
船上で飼われていた子猫のピートの事なども。

中にはこのピーコートについての話もあった。
監視の時デッキなどで着用されていたそうだ。
海上では風向がすぐ変わるので、左右どちらを
前に被せても使えるようになっているそうだ。
幅広の大きな襟も実用的なデザインの一つだ。
立てる事によって防寒性が増すだけではなく、
集音器の役割も果たせると祖父は言っていた。
汽笛など、遠くの音を聞こえやすくするからだ。

着用者の身を守るためになされる色々な工夫。
軍服にはそれが細部に至るまで詰まっている。
元の形を今風にアレンジした服は沢山あるが、
自分にとってはこの定番が一番しっくりくる。
ブラックバードより早起きな事が自慢の祖父。
形見のピーコートは彼の墓参りにも着ていく。
語り継ぎたい思い出、そしてそれにちなんだ服。
それらはいつしか世代を超えた愛着に変わる。

詳細、購入は以下のリンクをクリック(別ウィンドウが開きます)
<NIGEL CABOURN - MILITARY PEACOAT ナイジェルケーボン - ミリタリーピーコート>
80350000000 ブラック/ネイビー ¥76,000 +Tax


P.S.
余談ですが「片側だけ焼いたトースト」はスティングの「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」という歌にも出てきます。”I like my toast done on one side” の所です。 冬の寒空にぴったりの哀愁漂ういい曲です。

関連記事

2017.12.22. (Fri) 11:07 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑
Prev | Top | Next

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。