スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--. (--) --:-- | スポンサー広告 | page top↑

<NIGEL CABOURN> VERY HEAVY JACKET 空と山に命を捧げた勇士達へのオマージュ

2017122312441163b.jpeg

華々しく空を切って飛ぶ軍用機の写真は沢山あるが、
その影には事故に見舞われた多くの犠牲者もいる。

ありとあらゆる地形や天候、シチュエーション
を想定し日々課されるタフなトレーニング。然し
時に自然は脅威となり、飛行士に災いを齎す。
イングランド北部、ウェールズ、スコットランド。
それぞれの山岳地帯で墜落事故は度々起きた。

第二次世界大戦以前の英国には未だ救助隊と
呼ばれるものが存在しなかった。その代わり
事故の起きた場所から近い位置のステーション
に駐屯していた軍医が救命の為出動していた。
然し山岳知識や救命器具が未発達だった為
捜索活動は困難を極め、数週間かかる事もあった。
特に体力の消耗しやすい冬季の山岳地帯では
発見される頃には助からない命も多かった。

201712231352209f0.jpeg

軍医のジョージ・デズモンド・グレアム空軍中尉(写真)。
彼は山岳救助隊結成に貢献した第一人者である。
当時の設備を不満に思っていたグレアムは先ず
空軍省に訴えかけ、兵士の中から志願者を募った。
山岳救助用のトレーニングプログラムを整え
山岳用の担架などの救命用具、無線機等も揃えた。

20171223210424f50.jpeg

彼等の身を守った服装はどんなものだったか。
初期は厚手のウールセーター等を重ね着して
撥水性、防風性のあるパーカーを羽織っていた。
実務を通して生じた必要性に応じてその機能は
改良され、より防寒性の高いデザインになった。
救助隊員達が自ら作り上げた究極のアウターだ。
ベリー・ヘビー・ジャケットを作るに当たって
ナイジェルが参考にしたのは1950年代の物だ。

201712232104288b0.jpeg

WHENSOEVER(いついかなる時でも)。
英国空軍山岳救助隊が掲げるモットーである。
強風にも、大雨にも吹雪にも負けず何処へでも。
結成当時からずっと揺らぐことのない信条だ。

201712232104276c6.jpeg

仲間を救う為に命を掛けた空と山の勇士達。
このジャケットはナイジェル・ケーボンが彼等に
捧げた敬意と賞賛、そして憧れの象徴である。
エベレストを初登頂したヒラリー卿の着用した
エベレスト・パーカーに例えられる事もあるが
二番煎じではなく、実はこちらが原型なのだ。
つまり、英国空軍山岳救助隊が結成しなければ
ヒラリーは別のアウターを選んだかもしれない。

20171223210426455.jpeg

詳細、購入は以下のリンクをクリック(通販ページが開きます)
<NIGEL CABOURN>VERY HEAVY JACKET C,W,C, SOLID <ナイジェル・ケーボン> ベリー・ヘビー・ジャケット C,W,C, ソリッド 80350030002 ¥ 140,000 +Tax
関連記事

2017.12.23. (Sat) 18:37 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑
Prev | Top | Next

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。