スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--. (--) --:-- | スポンサー広告 | page top↑

<NIGEL CABOURN> PWパンツ ダブルサイドカモフラージュ(リミテッドエディションコレクション3)

リミテッドエディションコレクション3より、PWパンツのご紹介です。

20180601181928c87.jpeg

デザインの元となったのは、デザイナー、ナイジェルケーボンが収集したヴィンテージアーカイブにあった、戦争捕虜用パンツ。第二次世界大戦時のモデルには前身頃にPW(Prisoner of War = 戦争捕虜)とステンシルでプリントされていました。

(以下2枚:米ミシシッピ州、アラバマ州で収容されていたドイツ兵達)
20180601180011fff.jpeg

201806011800106fc.jpeg

ダブルサイドの生地の片面にはナムグリーン、もう片面にはフェイディッド(色褪せた)ブルーの配色のフロッグスキンカモフラージュがプリントされています。

20180601183845c80.jpeg

フロッグスキン・カモフラージュとは、その名の通りカエルの肌の模様に見立てた迷彩柄で、第二次世界大戦時、米軍によってデザインされました。1942年の7月、軍需品係の将校は、南太平洋に駐屯中のダグラス・マッカーサーからある指令を受けます。それは密林仕様のカモフラージュスーツ(つなぎ)を至急150,000セット送るようにというものでした。そして最初にこのスーツを運用したのは、ソロモン諸島に駐屯していた海兵隊でした。生地はリバーシブル仕様で、片面は5色使いのジャングルバージョン、もう片面は3色使いのビーチバージョンでした。このつなぎのスーツは直ぐにツーピースに改良されます。熱帯性下痢(スプルー)を起こす兵士が沢山いた為、利便性の高い形に変える必要があった為です。今回のコレクションの主人公、ショーンフリンをはじめ、ベトナムに滞在した多くの報道写真家達が好んで着用したのが、フロッグスキンでした。

正面に配置された2つのポケットのデザインは、第二次世界大戦時に英国軍により設計されました。ナイジェルケーボン定番のブリティッシュアーミーパンツなどにも見られるディテールです。

20180601183848734.jpeg

包帯などを収納したと言われる、バンデージポケット。

2018060118384367e.jpeg

コットンのプリント生地とは対照的な質感のリネンデニムのポケット。

20180601183849312.jpeg

2018060118384652a.jpeg

何度も洗いをかけ色を落として再現したのは、亜熱帯の陽光で焼けついたようなドライな色味と質感。
以前の記事でもお伝えしましたが、伊・リリア社の創業者、リッカルド氏とナイジェル氏という二人のヴィンテージ狂のこだわりの賜物です!

<ナイジェルケーボン> PWパンツ リミテッドエディション カモ
¥65,000 +Tax
(詳細はこちらのリンクから)
http://takimoto-online.jp/SHOP/80361450000.html
関連記事

2018.06.01. (Fri) 19:35 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑
Prev | Top | Next

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。