Nigel Cabourn x UNIMATIC Nigel Cabourn Limited Edition

<ブランド紹介>
UNIMATIC(ウニマティック)は、若きデザイナージョヴァンニ・モーロ氏とシモーネ・ヌンツィアート氏によって2015年にイタリアで設立されました。彼らはミラノ工科大学(1863年創立。著名な建築家やデザイナーを輩出しています。)でプロダクトデザインを学んだのち、プロダクトとコミュニケーションデザイナーとしてキャリアを築きました。それまでのクリエーションとデザインのスキルを生かして「ウニマティック」をスタートし、細部まで徹底的にこだわった革新的な時計を生み出しています。
クラシカルなビンテージミリタリーウォッチをベースに、コンテンポラリーなミニマルデザインを融合させ、300m防水・自動巻きムーブメント・ドームサファイアガラスなど、ハイスペックな機能でありながら、6万円以下からの手の届く価格帯を実現しています。製品はすべて限定数量で生産され、シリアルナンバーが刻印されています。そして、同じモデルが再生産されることはありません。



「Nigel Cabourn x UNIMATIC Nigel Cabourn Limited Edition」
今回のコラボレーションは連邦横断南極探検隊(南極大陸横断遠征隊と呼ばれたこともあります)が使用した時計が元となっています。かのエドモンド・ヒラリーや彼の長年のパートナーであったジョージ・ロウたちも参加しました。その象徴としてケースバックには南極大陸とシリアルナンバーが刻印されています。


P1010057.jpg


簡単に仕様を紹介いたします。

ケースは316ステンレススチールでケースバックはステンレスとなっています。文字盤を守るために大事な風防はダブルドーム型のサファイアガラスで、傷に強いもので仕上げてあります。バンドは付属バンドともにナイロン製でカラーはオレンジとネイビーです。


P1010050.jpg


P1010044.jpg


サイズはケースサイズが38.5mm、ケースの厚みは13.7mm、バンド幅は22mm、手首周りは約16.5mm~23.0mmとなっています。
最も重要なムーブメントはSeiko Caliber NH35Aを搭載しており、21,600bphになります。耐震装置はセイコーが開発し世界特許を取得したDiashockで落としても壊れにくい世界に誇るシステムです。防水は30気圧です。文字盤はスーパーミノルバで夜間でもしっかりと数字が読み取れます。


P1010007.jpg

P1010065.jpg


クオーツ時計やソーラー時計、GPS衛星電波時計などより正確な時間を刻むものが主流になりつつありますが、自動巻きだからこその楽しさもあります。いつも付けていなければ時間がずれてしまうということは常に身につけていただきたいから、いつもでもどこでも思い出を刻むパートナーとなってくれるからです。


P1010079.jpg


是非、これからの自分だけの歴史、思い出を刻む相棒としてお使いください。


by Makoto Asao
関連記事

2019.12.06. (Fri) 16:46 | ・NIGEL CABOURN | page top↑