誇り高き英国空軍:RAF

英国空軍(ロイヤルエアフォース:RAF)は1918年に創設されました。世界で最も長い歴史を持つ伝統ある空軍です。数々の戦闘での勝利は国民の誇りであり、パイロット達はその誇りを胸に刻み、戦闘機に乗り込みました。そして、その誇りと伝統は制服や軍装にも表れており、現在に至るまで継承されているのです。
英国空軍の軍旗はラウンデルという青、白、赤の円で構成されています。戦闘機にはそのマークが表示されています。これは米国をはじめ各国に軍旗が定められており、戦闘機に表示されています。ラウンデルと聞いてピンときた方、そうですモッズ・ムーブメントの象徴として用いられたロゴはここから引用されているのです。モッズのアイコンといえば米国陸軍のM-51、通称モッズコートを真っ先に連想されると思います。また、彼らは米国からの音楽、ソウル、R&B、ジャマイカのスカを好んでいましたが、ラウンデルをロゴとしていた点に英国の誇りを持っていたのではないかと思います。
さて、世界でも優れた空軍となったのは独軍による本土上陸作戦に備え空軍の強化が必須と考えられたからです。第二次世界大戦時、独軍は爆撃機による空爆、戦闘機による攻撃を再三行ってきましたが、迎え撃つ英国空軍は善戦したと言われています。その後、独軍が作戦を中止したのですが、イギリス海峡上空で激しい航空戦が続きました。そうした中で、英国空軍はパイロット達の身を守るための軍装の開発も行っていたのです。それがナイジェルケーボンではお馴染みのベンタイルです。それまで爆撃で海上に墜落した兵士達が冷たい海水で低体温症となり命を落としていましたが、英国が優れたパイロット達を守るために超高密度のベンタイルを開発し、軍装に用いたことにより生存率がほぼゼロから80%へと引き上げることができました。
そのベンタイルを使用した「エアクラフトジャケット」はピークパフォーマンスとのコラボレーションにより、ミリタリーとアウトドアの良さを融合した通年着用できるアイテムとなっています。
歴史を感じて、ベンタイルの凄さを感じて、今のライフスタイルに活用してください。

acjk.jpg

AIRCRAFT JACKET - VENTILE
Color:Dark Orange
Size M、L、XL
Price:84,000 yen+tax



by Riku Henmi
関連記事

2020.01.05. (Sun) 19:24 | ・NIGEL CABOURN | page top↑