ビートルズの来日公演が実現したのは?

1966年6月29日に羽田空港に到着したビートルズは機内でのサービスであったはっぴを着てタラップを降りてきました。有名なあのシーンですね。キャデラックに乗り込んだメンバーは宿泊先のホテルに向かいました。公演は日本武道館で3日間、計5回行いました。それまで日本武道館でコンサートが行われたことはなく、武道の聖地で音楽とは断じて許せないといった批判もあり、厳戒態勢の中で行われたのです。
このビートルズのコンサートを機に数々のコンサートが行われるようになりました。モンキーズやディープパープル、クイーン、チープトリックなど次々にこの地でコンサートを行いライブ盤としてレコードが発売されることもありました。
しかし、日本武道館は武道を極めた猛者がその演武を披露する、競い合うためのものであり、音響効果を考えて設計されたものではありません。それでも海外アーティストをはじめ、国内のアーティストがここでのコンサートを特別な思いで行っているのはビートルズの影響によるものでしょう。かえってビートルズと同じステージに立つなんておこがましいと思うアーティストも多数おり、あえて他の会場で行うアーティストも少なくありません。
ところで、この伝説の来日公演の主催者とは誰かご存知ですか?
実はこうした公演を手配、開催するプロモーターではなく、なんとテレビ局の中部日本放送(現CBCテレビ)だったのです。愛知、岐阜、三重の東海3県をカバーするTBS系列の地上波放送局で、1956年に開局しています。来日公演は多くの方々によって実現したのですが、やはり中部日本放送の尽力によって成功したと言えるでしょう。こうした経緯があって、CBCテレビとなった今でも、数々の海外アーティストの公演を手掛けています。

by Keiji Yoake
関連記事

2020.01.10. (Fri) 19:30 | ミュージック | page top↑