<NIGEL CABOURN>スイスマウンテンアーミーリュックサック入荷しました!

こんにちは。

長かった冬もいよいよ終盤。
少しずつですが、日が長くなっていくのを感じられるようになりましたね。

本日ナイジェルケーボンより、スイスマウンテンアーミーリュックサックが入荷しました。

高度な登山技術やサバイバル術を備え、戦闘能力の極めて高いスイス軍の山岳兵。
彼等が使用していたリュックサックを元にデザインされています。

smar1.jpg
柄は英国軍が使用していたDPM(ディスラプティヴ・パターン・マテリアル)カモフラージュ。

smar3.jpg
背部には補強プレートが入っており、型崩れしにくい。

smar2.jpg
ドローストリング方式で開閉しやすく。

smar4.jpg
底には極厚のレザーを使用。体にフィットしやすいよう、背中に当たる部分はなだらかなカーブを描いています。

492fef85bdca453c60d8daaa27cd144a.jpg

山岳戦は、最も危険な戦い方の一つと言われています。なぜなら、敵と戦うだけではなく、過酷な天候、そして危険な地形とも向き合わねばならないからです。
落雷、強風、雪崩、落石、極低温など、山は年中危険に満ちています。高地においては体力の消耗が激しく、高山病で苦しむ兵士も少なくなかったと言われています。

激戦をくぐり抜けてきた山岳部隊と運命をともにしたリュックは、デザイナー、ナイジェル・ケーボンを魅了しました。
ケーボン氏は何処へ行くにもこのリュックを背負っており、今や彼のシンボル的な存在となっています。

<NIGEL CABOURN>SWISS MOUNTAIN ARMY RUCKSACK
No: 80340061004 ¥62,000 +Tax
2017.02.25. (Sat) 20:28 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

<NIGEL CABOURN>2017年春夏コレクション:Naval Dungaree、アクセサリー等、続々入荷中!

こんにちは。

続々入荷してくる春物の軽快な素材感を尻目に、雪はしんしんと降り続けています。
北陸の冬を甘く見ていたようです。

毎シーズン競争率の高いナーバル(ネイバル)ダンガリーに続き、豊富なヘッドウェアやライブロのアウター、パンツなどがたくさん揃いました。

ご紹介のペースが追いつかなくて大変申し訳ないのですが、まずはスターターを数点ご賞味あれ。

ナイジェルケーボン

今季のNaval Dungaree。ヒッコリーの質感とライブロブルーの藍が美しいコンビネーション。

デザインワークス
秋冬のモデルよりややスマートなシルエット。

アタッチメント

背部のレザーストラップとカーゴポケットは健在。

詳細は以下リンクよりどうぞ。(通販ページが開きます)
<ナイジェルケーボン>ナーバルダンガリー(ライブロ)[2017春夏]
No:80341350100-1(ブルー) ¥42,000 +Tax


写真 2017-02-10 18 55 53

Naval Dungareeと同素材のシェルパジャケット。ジップとポケット使いが男くさいが、ボタンをかけるとスマートなシルエットに。

<ナイジェルケーボン>マウンテン ディビジョン シェルパ ジャケット(ライブロ)[2017春夏]
No:80341380000-1(ブルー) ¥35,000 +Tax



写真 2017-02-11 16 13 03
上から3番目のカモ柄はリバーシブル(左右画像で一つのデザイン)。

春の宴は始まったばかり。
まだまだご紹介したいアイテムがところ狭しと並んでいます。
メインコースまで待てない方は、ぜひお店まで遊びにいらしてくださいね!

2017.02.11. (Sat) 19:27 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

<NIGEL CABOURN> 一足先に春を狩る、ハーフテックス・ハンティングジャケット

カバンドズッカ

ナイジェル・ケーボンより、2017年版のハンティングジャケットが入荷しました。
ビンテージのコットンキャンバスさながらの風合いを再現し、軽量かつ防水性のあるハーフテックス素材を使用。
スタッフ個人としては、今季のアウターの中で、特に気に入っているアイテムです。

機能的な8つのポケットを搭載し、かつ無駄を省いたミニマルなデザイン。
幅広くコーディネートできるため、出張や休日の外出などの様々なシーンで役立つこと間違いないでしょう。

カバンドズッカ
シャツ&タイのスマートなコーディネートに合わせて。
端正ながら無骨な構造のジャケットなので、タイは太めのウィンザーノットにしてみました。

ナイジェルケーボン
インナーをスウェットとミリタリーパンツにカジュアルダウンさせると、雰囲気もガラリと変わります。

負傷兵も着脱しやすいようにと考案されたラグラン袖を搭載。
肩にゆとりが出るので、寒い日は中に沢山着込めます。

ここからは独り言になりますが・・・

ひとえにハンティングと言っても、動く獲物を狩る事だけがハンティングではない、と私は思います。
カメラ片手に美しい風景を獲りに行くもよし、アイディア帳と共にインスピレーションを捕まえる旅に出たり、座右の書をポケットに忍ばせ、旨いコーヒーを求めてカフェ・ハンティングもしてみたい・・・

狩猟本能の疼く春こそ、楽しい想像をふくらませてくれるハンティングジャケットは最良のパートナーとなってくれるでしょう。

(詳細はリンクをクリック。通販ページが開きます。)
HUNTING JACKET - HALFTEX  ハンティングジャケット - ハーフテックス[2017春夏]
No:80340000006  カラー: ダークオリーブ、ダークネイビー ¥64,000 +Tax

2017.02.07. (Tue) 18:45 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑