<NIGEL CABOURN>AW17新作バッグ続々入荷!第一弾

あんなに暑かった季節も今日で終わり。
ひぐらしのもの淋しげな羽音が聞こえてきます。

本格的な行楽シーズンに入る前に、移動が楽しくなるバッグをご紹介します。

今回は肩掛けタイプ2種。

まずは、50年代ビンテージと70年代以降のデザインを融合させた、エアフォースバッグ。

20170831182117a78.jpg

イギリス軍のD.P.M.カモ(分断迷彩)がシンプルにかっこいいですよね!
生地には撥水効果の高いウェザークロスを使用。
天候の変わりやすいロケーションへの移動や、電子機器の持ち運びにも安心です。

(詳細はこちらから) ナイジェル・ケーボン AIR FORCE BAG - CAMO エアフォースバッグ - カモ[2017秋冬]¥27,000 +Tax

大容量のボストンバッグはヴィンテージ感のあるネイビーとオリーブの2色。
軽くて完全防水なのは、オリジナル素材ハーフテックスのなせる技!

20170831201255b15.jpg

英国空軍のフライトバッグがデザインのベースになっています。
当時はヘルメットやフライトスーツなどの装備品を収納していたため、大きめの設計です。
底のポケットにはシューズも収納できます。

余談ですが、現役ママ達から、マザーズバッグとしても使いやすいとの意見もありました^_^

(詳細はこちら) ナイジェル・ケーボン BOSTON BAG - HALFTEX ボストンバッグ - ハーフテックス[2017秋冬]¥32,000 +Tax

次はリュックタイプをご紹介します。
お楽しみに!

P.S.
毎シーズン人気のネイバルダンガリー(オーバーオール)も、もうすぐ入荷予定です!
お見逃しなく!
2017.08.31. (Thu) 15:45 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

NIGEL CABOURN WOMANのご紹介

AW17からナイジェル・ケーボン ウーマンの取り扱いを始めます。
それに伴い現在、一部春夏商品を紹介しています。

ナイジェルケーボンウーマン(NIGEL CABOURN WOMAN)

ナイジェルケーボンウーマン(NIGEL CABOURN WOMAN)


普段ご自分のものしか買わない男性の皆さん、奥様を怒らせていませんか?
スニーカー3.5サイズから、3パックジムTシャツ42サイズから
女性でも着用できるサイズで幅広く取り揃えております。

たまにはプレゼントしてあげてください。
そうすることで、ご自分のものが買いやすくなりますよ。(きっと。)
秋冬コレクションが始まる前に下準備を…。

ナイジェル・ケーボン ウーマン春夏カタログを配布しています。
ご希望の方はスタッフまで。メール、お電話でも承ります。

ナイジェルケーボン(NIGEL CABOURN)のアーミートレーナーズロートップ

<ナイジェル・ケーボン>アーミートレイナーズ ロートップ
8034062000
¥18,000+tax


ナイジェルケーボン(NIGEL CABOURN)の3PジムTシャツ

<ナイジェル・ケーボン>3パックジムTシャツ
80340021050
¥14,000+tax


*新色グレー入荷しました。
再入荷後、間もなく欠品しております。ご迷惑をおかけしますが、ご希望の方は、商品ページより『入荷連絡待ち』にご登録をお願い致します。入荷次第ご連絡いたします。
2017.07.07. (Fri) 12:30 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

〈NIGEL CABOURN〉パナマハット 英国人にとって、お気に入りは一生の友

こんにちは。
6月に入り、陽射しも段々と強くなってきましたね。

帽子大国イギリスでは、今頃が帽子の衣替えの時期。
毎年6月下旬にウェスト・サセックスにあるグッドウッドでは、モータースポーツのイベントが開催されます。
その名もグッドウッドフェスティバルオブスピード。
世界各国からレアなレーシングカーやレーシングサイクルが集結し、全世界の愛好家で賑わいます。

2017060618053618c.jpg

2017060618053786c.jpg

観客席にはおびただしい数のパナマハット。形も様々なものが見られます。

ナイジェルケーボンのパナマハットは頭頂部にスジの入った、オプティモという形。
植民地時代から主に旅行など移動時に被られていたので、このスジにそって折りたためるよう設計されました。
20170606190858874.jpg
(詳細はこちらから)〈NIGEL CABOURN〉PANAMA HAT
80340066000 ¥42,000 +tax


オプティモはパナマ帽の中では最も古典的なデザインで、そのルーツは1800年代にパナマ運河を訪れた米大統領ルーズベルトが被っていたものと言われています。

パナマ帽についての興味深いショートドキュメンタリーがあったので、是非ご覧ください。
プレゼンターはジョン・マクリリック氏。イギリスでは知らない人は皆無と言ってもいいでしょう。
毎年グッドウッドフェスティバルに訪れる同氏はいつも、お気に入りの"Old Faithful (オールドフェイスフル、忠実な古い友人)と名付けたパナマハットを被って登場します。訪問先は、ロンドン、セントジェームズストリートにある、英国最古の帽子店Lock&Co.。店主ジェイ氏に色々なパナマハットを見せてもらい、クタクタになったオールドフェイスフルの代わりを見つけようとしますが、やっぱりお気に入りのコイツが一番!という結果でした。(^ ^)



イギリス人が物を永く大事にする精神には、見習うものがあります。
70年前のお気に入りのビンテージTシャツをクタクタになっても着続けている、ナイジェル氏。
履いているボンベイブルマは、今シーズンのオーセンティックアイテム。なんと生地は1939年製のデッドストックなんです!
20170606193404f4a.jpg

一生大切にしたいお気に入り、ぜひ見つけてみたいものですね。

2017.06.06. (Tue) 16:28 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑