NIGEL CABOURN | MALLORY JACKET ( HIGH DENSITY LINEN )

もうすぐゴールデンウィークですね。
旅行を計画をしている方に、マロリージャケットを使ったコーディネートを紹介します。

マロリージャケットのコーディネート

高密度に織り込んだリネンのマロリージャケットとフォープリーツパンツのセットアップで。
初夏、気温が上昇する真夏でも快適に過ごせます。
また、旅行先でのおしゃれなレストランに入る際は、カジュアルなジャケットがあると便利です。

80340080007-1
マロリージャケット( ハイデンシティーリネン)/ネイビー
¥42,000+TAX


80340050007-1
フォープリーツパンツ(ハイデンシティーリネン)/ネイビー
¥26,000+TAX


80340010003-2
ブリティッシュオフォサーズシャツ (ピンポイントオックスギンガム)/ブルー
¥21,000+TAX



マロリージャケットのコーディネート

同じジャケットにボーダーTシャツとホワイトデニムのコーディネート。
シャツだけでなく、Tシャツやカットソーなどの相性もいいです。

80340021000-1
バスクシャツ ショートスリーブ(BDコットン)/ネイビー
¥6,500+TAX


80340050015-1
5ポケットジーンズ (12oz )/エクリュ
¥29,000+TAX



旅のお供

3パックTシャツは旅のお供におすすめです。
マロリージャケットに合わせるなら、3パックTシャツの中のVネックをチョイス。

80340021050-1
3パックジムTシャツ/ホワイト
¥14,000+TAX


8034062000-1
アーミートレイナーズ ロートップ/ベージュ
¥18,000+TAX


<TAKEYARI>
2WAY トートバッグ(NO.2 CANVAS)
¥24,000+TAX
2017.04.21. (Fri) 17:24 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

<NIGEL CABOURN> リネンのブリティッシュアーミーシャツ、入荷しています。

こんにちは。

今日はカラッと晴れて、気持ちの良いお天気です。
数日前も雪がちらついたりと、暖かさからは縁遠い富山にもやっと春が来ました。

全国各地では桜の開花も始まったようで、いよいよ季節を満喫できそうですね。

ナイジェルケーボンより、行楽シーズンにぴったりの、軽やかなリネンシャツが入荷しました。

201703281358516af.jpg

1910年代に英国陸軍が着用していたシャツがモデルになった、ブリティッシュアーミーシャツ。
左胸には上下二つのポケットが搭載されています。
上の長細いポケットには、かつて軍用の折り畳みナイフが収納されていました。
接近戦や緊急時(パラシュートの紐が絡まったなど)は、少しの無駄な時間も命取りでした。
胸板に対してポケットを平行に設置することによって、フラットボタンを外してナイフを取り出す動作をスムースに行えるという利点があるのです。

そのデザインだけでも非常にユニークなポケットですが、使用頻度の高いミニペンや折り畳みコームなどを入れて、取り出す動作も楽しみたいものですね。

雨季にもドライタッチで涼感を保つリネン素材は、秋口まで心地良く着用できます。
カラーは、グレーを帯びたネイビー、彩度の濃いオリーブ、染めムラの風合いを感じられる爽やかなイエローの3色展開です。どれも今までにない、独特の色味に仕上がっており、写真でお伝えできないのが残念です。

<NIGEL CABOURN> BRITISH ARMY SHIRT (LINEN)
No.8040010010 ネイビー、オリーブ、イエロー ¥24,000 +Tax


2017.03.28. (Tue) 18:10 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑

<NIGEL CABOURN>スイスマウンテンアーミーリュックサック入荷しました!

こんにちは。

長かった冬もいよいよ終盤。
少しずつですが、日が長くなっていくのを感じられるようになりましたね。

本日ナイジェルケーボンより、スイスマウンテンアーミーリュックサックが入荷しました。

高度な登山技術やサバイバル術を備え、戦闘能力の極めて高いスイス軍の山岳兵。
彼等が使用していたリュックサックを元にデザインされています。

smar1.jpg
柄は英国軍が使用していたDPM(ディスラプティヴ・パターン・マテリアル)カモフラージュ。

smar3.jpg
背部には補強プレートが入っており、型崩れしにくい。

smar2.jpg
ドローストリング方式で開閉しやすく。

smar4.jpg
底には極厚のレザーを使用。体にフィットしやすいよう、背中に当たる部分はなだらかなカーブを描いています。

492fef85bdca453c60d8daaa27cd144a.jpg

山岳戦は、最も危険な戦い方の一つと言われています。なぜなら、敵と戦うだけではなく、過酷な天候、そして危険な地形とも向き合わねばならないからです。
落雷、強風、雪崩、落石、極低温など、山は年中危険に満ちています。高地においては体力の消耗が激しく、高山病で苦しむ兵士も少なくなかったと言われています。

激戦をくぐり抜けてきた山岳部隊と運命をともにしたリュックは、デザイナー、ナイジェル・ケーボンを魅了しました。
ケーボン氏は何処へ行くにもこのリュックを背負っており、今や彼のシンボル的な存在となっています。

<NIGEL CABOURN>SWISS MOUNTAIN ARMY RUCKSACK
No: 80340061004 ¥62,000 +Tax
2017.02.25. (Sat) 20:28 | ・NIGEL CABOURN | comments (0) | page top↑